スポーツの汚れに効果的な洗濯方法をご紹介!

洗濯をしている女性

スポーツに汚れはつきものです。運動をすれば汗をかきますし、屋外スポーツなら泥が付くこともあるでしょう。汗はすぐに洗濯しないとアンモニア臭がしてくさいですし、さらに放置すれば納豆のような匂いが広がります。また、スポーツウェアの傷みなどに繋がることもあるので、しっかりと洗うことが大切です。

洗濯物を放置するとどうして匂いが発生するのでしょうか。汗自体には匂いはしません。服に付いた皮脂や垢が原因です。汗をたっぷりすったスポーツウェアを放置すると皮脂や垢により雑菌が繁殖します。この雑菌は匂いの原因となり、さらに放置すれば黒カビがつくこともあるので注意が必要です。スポーツウェアはポリエステル素材がよく使われていますが、これは縫製がきめ細かくできているので汗をよく吸う反面、雑菌が繁殖しやすいとされます。運動後は疲れているかもしれませんが、放置せずにしっかりと洗濯をしてください。もし時間が取れない場合は湿ったままにするのではなく、ハンガーにかけるなどして乾燥させるようにしましょう。

放置することの危険性が分かったら、正しい汚れの落とし方を見ていきます。スポーツウェアがポリエステル素材が多いことは説明しました。この素材は弱アルカリ性の洗剤で落とすのが良いとされます。ユニフォームやウェアに付いた皮脂や垢は雑菌の原因となりますが、この汚れに最適なのが弱アルカリ性の洗剤です。

漂白剤を使用するときは酸素系漂白剤を使うことをおすすめします。塩素系漂白剤は繰り返し使うことで変色の原因となったり、傷みの原因になったりするからです。酸素系漂白剤には弱アルカリ性のものと弱酸性のものがあります。ここで選びたいのは弱アルカリ性のもので、理由は洗剤のときと同じ理由です。

泥汚れを落とすときは、そのまま洗濯機に入れて洗うことは控えてください。泥は水に溶けにくく汚れが広がることがあるからです。まずはドライヤーなどで泥を乾かし、ブラシを用いて落としていきます。泥が落ちたら弱アルカリ性の固形石鹸を用いてさらに洗います。これでだいたい落ちるので、ここで初めて洗濯機に入れましょう。

洗濯が終わると乾燥させる段になりますが、乾燥機を使うのは控えましょう。スポーツウェアやユニフォームに使われているポリエステル素材は熱により縮むことがあるからです。ユニフォームに背番号などのプリントがある場合は、これも熱によってはがれたり傷ついたりすることがあります。スポーツウェアは速乾性が高いためハンガーにかけて干しておくだけですぐに乾きます。部屋干しでも問題なく乾くので、乾燥機は使わないようにしてください。